吃音劇場においての演者

うも、リュウです。

 

 

吃音には3つのタイプ

あると言われているのは

ご存じですか?

 

 

  • 連発(れんぱつ)

 

  • 伸発(しんぱつ)

 

  • 難発(なんぱつ)

 

 

以上の3つのタイプ(段階)に

分けられると一般的には

言われています。

 

 

世間では、

 

吃音のことを取り上げる際には、

 

お、お、おはようございます

 

のように言葉の頭を連続して

発する“連発”を吃音だと

言い表すことが多いです。

 

 

この連発は

「吃り(どもり)」と

同意義なんですが、

 

この吃りこそが吃音だという

認識が広まっています。

 

 

間違いではありませんが、

 

先程も書いたように、

 

吃音には

「連発,伸発,難発」

3つの症状がありますが、

 

本当に吃音と呼べるものは

この内のたった一つの

症状だけなんです。

 

 

伸発とは文字通り

「言葉の頭を伸ばして発音」

することであり、

 

おーはようございます

と発する症状です。

 

 

吃音は、

 

初めは連発、更に進行して伸発、

そして最後に難発へと段階が

移り変わっていきます。

 

 

よって、

 

難発が吃音の最終形態

とも言えるのですが、

 

 

難発とは、

 

言葉の頭が

全く発せられなくなる症状です。

 

 

おはようございます

と言いたくても、

 

最初の「お」が

出せなくなるのが難発です。

 

 

そう、

 

難発こそが吃音で

最も辛い症状であり、

 

難発こそが吃音そのものなんです。

 

 

つまり、

 

“難発=吃音”

であり

”吃音=難発”

 

なんです。

 

 

吃りや伸発も確かに本人に

とっては鬱陶しいものだと

思いますが、

 

難発ほどではないと

個人的に感じています。

 

 

言葉を出したいのに

喉を締められたように

言葉が出てこない

 

これが本当に辛いんですよね。

 

 

なぜ難発になってしまうのか?

という理由については

僕も断言できません。

 

 

断言できませんが

言えることはあります。

 

 

それは、

 

自分は言葉を上手く出せない

性質を持った人間なんだ

 

という認識を

これまでの過去の経験上から

植え付けたということです。

 

 

吃音者とは吃音の症状が

ある人を指すというより、

 

自分は言葉を

上手く話せない性質がある

 

と認識してしまっている人を

指すとも言えるでしょう。

 

 

認識とは即ち、“自覚”なんですね。

 

 

誰かから

お前は吃音者だ

と言われるのではなく、

 

自分は吃音者なんだ

と自覚している人が、

 

吃音者であるということです。

 

 

つまり、

 

吃音者とは、

 

その人自身の中で

繰り広げられている

一人劇場においての演者

 

なんです。

 

 

はじめまして、私、

吃音者の〇〇と申します

 

と言って

吃音者を演じているだけに

過ぎないのです。

 

 

勿論、

 

吃音の症状があって

れに苦しんでいることは

間違いないことでしょう。

 

 

僕も吃音者なので

よく理解しています。

 

 

吃音者であるからこそ、

 

僕は吃音を語る

資格があると思っています。

 

 

吃音の症状がいつ頃出始めて、

 

どのタイミングで

自分には吃音という性質がある

と認識し始めたのかは分かりません。

 

 

ともかく、

 

自分には吃音がある

と自覚している人こそが

吃音者であり、

 

それはその人自身が

そう振る舞っているだけに過ぎない、

 

というのが今回

この記事で伝えたいことでした。

 

 

この記事を読んだら

是非感想コメントください。

 

 

それでは、

今回もありがとうございました。

 

 

バイバイ👋(・∀・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です