吃音流「元を取る」という考え方

うも、リュウです。

 

 

吃音が自分にとっての

何なのかを考えたことは

ありますか?

 

 

多くの人にとって

吃音とは、

 

「自分の可能性を潰す敵」

という認識かもしれません。

 

 

確かに、

 

吃音があるばかりに

言いたいことが満足に言えず、

 

その結果人から

誤解されてしまったことは

これまで多々あったかと思います。

 

 

僕もその気持ちは

大いに分かるので、

 

吃音は敵だ

と思ってしまう気持ちも

十分理解できます。

 

 

しかし、

 

僕は

吃音を敵だと思うな!

と声を大にして言いたいんですね。

 

 

なぜか?

 

 

それは、

 

吃音というものは

意識すればするほど

症状が悪化するからです。

 

 

つまり、

 

吃音は敵だ

と思うということは、

 

吃音そのものに意識を

向けていることになります。

 

 

吃音を意識しないといっても、

 

吃音に対する認識が

プラス思考であれば

何の問題もないですが、

 

マイナス的な思考だとダメです。

 

 

吃音は恨めば恨むほど

より深刻なものになる…

 

 

これは覚えておきましょう。

 

 

あなたが今もの凄く

吃音で悩んでいるのは、

 

それだけ吃音に対する

認識がマイナスだったからです。

 

 

勿論、

 

吃音があるばかりに、

 

色々苦労されてきた

結果の認識だというのは

分かっていますよ。

 

痛いほど分かるんですが、

 

だからこそ

こう言っているんです。

 

 

吃音は敵ではない

と。

 

 

では、

 

どのような認識を持つべきなのか?

 

 

というと、

 

吃音は己の味方であると認識する

ことです。

 

 

つまり、

 

吃音は

あなたの“武器”にもなる

ということです。

 

 

さあ、

 

ここからが大事です。

 

 

武器にもなるってどういうこと?

 

これについて

書いていこうと思います。

 

 

今これを読んでいる方は、

 

どのようにして武器として

使えばいいのか?

 

と疑問だと想像します。

 

 

僕がどのようにして

吃音を武器にしているのかを

書いていきます。

 

 

僕が吃音を

武器にしている方法は

2つあります。

 

 

まず1つ目は、

 

僕は自身の吃音を

自分の“個性”だと

認識していることです。

 

 

ここで言う個性とは

即ち自分の特徴です。

 

 

僕は自身の吃音のことを、

 

個性=特徴だと捉えています。

 

 

自分はそういう特徴を

持ったタイプの人間なんだと

素直に受け入れているんです。

 

 

まずもって、

 

吃音というものは

受け入れることが

何より大切だからですね。

 

 

そして2つ目は、

 

吃音で

色々悩んだ経験を活かして、

 

吃音者に向けて情報を

発信していることです。

 

 

情報発信の世界において

吃音は僕の武器になっています。

 

 

なぜなら、

 

吃音を通して世に

自分の考え方を広めることが

出来るからですね。

 

 

そして、

 

吃音のことを発信していく中で

気付けることもたくさんあって、

 

そこで得た気付きをまた

発信していくことが出来ますから、

 

 

発信する側と

発信を受け取る側の相互が、

 

価値を得ることが

出来るんです。

 

 

僕もこの発信を始めてから、

 

発信する以前より

吃音に対して真骨に

向き合うようになったお陰で、

 

沢山の気付きを

得ることが出来ました。

 

 

吃音を上手く利用するって

言うとあれですが、

 

今まで自分を

苦しめてきたことが

あったんだから、

 

逆に自分の武器として

利用して元を取ってやる!

 

というマインドで僕はやっています。

 

 

他でもない、

 

あなたの吃音は

あなただけのものなんですから、

 

上手く使ってもバチは当たりません。

 

 

吃音を飼い慣らしていきましょう。

 

 

この記事を読んだら

是非感想コメントください。

 

 

それでは、

今回もありがとうございました。

 

 

バイバイ👋(・∀・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です